ドイツのパルはグループを作ってダンスをしている。
発表する場も年に数回あるらしく、2月のパフォーマンスは
マイケル・ジャクソンの音楽に合わせてゾンビの衣装で踊る、
という話を年末からずーっと聞いてきた、手紙の中で。
私はgleeのスリラーみたいなのを想像していた。

www.youtube.com

今回の手紙でゾンビの写真が同封されていた。
残念なことに彼女は本番数日前にインフルエンザで倒れ、
会場に行くことすらできなかった、と。
ざ・・・残念すぎる。

でも、友達がゾンビ写真を送ってくれたのよ~と
その写真を私への手紙にも同封してくれていた。
ゾンビ写真、びっくりする怖さだった!!

gleeを想像していたから、20代、30代の女性たちがダンスする、
と勝手に思っていた。
彼女自身は40代なので当然なのかもしれないけれど、
彼女のダンスグループ、平均年齢50代?
いや、60過ぎている人もいる?という人たちで、
そのゾンビメイクのうまいこと、うまいこと。
えっ?素人集団じゃないの?メイクはプロに頼んだ?と
びっくりするほどのメイク。

メイクが立派だから、こんなに鬼気迫るゾンビなのかしら、と
最初は思ったのだけれど、多分、年齢。
いや、もしかして、数人、本当に墓場から戻ってきてない?という
年齢の方がいらっしゃって、その上、メイクが上手。
何人か本物がいない?人数合ってる?と、
つい返事に書きそうになったほど。

気づいたら人数が増えていたという心霊写真、
たまに見聞きする。
先日、家族旅行で泊まった旅館、宣伝写真がとても上手で
到着すると、えっ?!こんなに古いの?と驚くほど。
こどもたちは「何かでそう・・・」と怯えていた。
そして夜21時ころから、「花子ちゃ~ん」「花子ちゃ~ん」と
小さな女の子の声が聞こえてきて、
「ぎゃ~!!!」とこどもは大騒ぎし、私も固まった。
この声、我が家だけにしか聞こえない?
えっ?女の子の声でうちの花子を呼んでる?
怖すぎる!座敷童子にしては声がはっきり過ぎませんか?!と
怖かった・・・。
もう怖すぎて夜のお風呂とか行けない…と花子と言い合った。
翌朝、仲居さんに「お子さんがほかに泊まってますか?」と
聞いたら、「隣の部屋にいますよ。」と。
座敷童子じゃなかったのか・・・とほっとしたような、
残念だったような。
小さい女の子の声であんなに恐怖を感じたこと、
いままでになかったわ~。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

ミリオン告知

2018/04/09

 

f:id:Inochan:20170428055822j:plain

ありゃりゃー 今週末だじぇぇぇ
9月27日ミリオンシティ
Still Live&Well Vol52
いのちゃんズ半年ぶりの金沢LIVE
19時スタート
チンアナゴも応援してくれています
チケットお取り置きはコチラにコメントしてくだされ
あなたに逢いたい

展示を終えて

2018/03/10

『まぼろしの絵本 創作人形三人展』

盛況のうち無事終了致しました。
ご来場いただきました皆さま、ありがとうございました。


我々三人は、DOLL SPACE PYGMALIONという人形教室に通う仲間なのですが、だいたい制作を始めて四年程度です。

その新人三人が集まって、はじめての自主企画展をやろうと思い立ち、今回の計画を練り始めました。


なにぶん始めてで、何をどうしたら良いかわからないまま、三人でギャラリーを見てまわり、先生や先輩方に助言をいただき、周りに助けられながらDMを作ったり、なんとか形にして行きました。


制作に関しては、どうせ4年程度で出来る事なんか知れてるし、今までやって来た事を全部出し切るしか無い、と私の場合それだけを考えました。

結果褒められようがけなされようが、自分が今までしてきた事を全部出しきらないと何の意味も無いし、ここから先に進め無い。
そう思いました。


そして展示がはじまり、お客さんが来て…最初はとにかく新鮮でした。

今までは部屋で、作品を黙々と作ってるだけだったのが大勢の目に触れて、話をしたり感想を言ってもらうのが嬉しくて楽しかった。


自分の中でも、「はじめてにしては頑張ったんじゃないか」 とか、「もっと全然頑張らなくちゃいけない」とか…
色々な感情が渦巻くなか、一番強く感じたのは不安な気持ち。


そう、ここからもっともっと頑張って行こう、と思うのだけれど、どう頑張ろう?

それまでに作りたいものは色々あったけど、今はもうそれじゃいけない気がしてます。


教室に入り、最初は何も考えずに作れた人形は、いつしか考えながら作らねばならなくなりました。

それと同じで、これからは自分がどうして行きたいのかを考えて、頑張り方を考えないといけない。
時間は限られているのだし。

今はそんな気持ちでボヤーッと宙を見つめています。


ともあれ、解決策はやっぱり手を動かす事だけだと思うので、片付けが終わったらまた同じように地道に制作してゆきます。
やっぱりコツコツやるしか無い!

もっと数を作らないとなー…
今回をスタートダッシュにして、気を抜かず頑張ります!

f:id:amanedoll:20151124231810j:image
f:id:amanedoll:20151124231831j:image
f:id:amanedoll:20151124231837j:image
f:id:amanedoll:20151124231848j:image
f:id:amanedoll:20151124231854j:image

f:id:ko-mochi:20160318195434p:plain

深夜までお仕事お疲れ様です…と最後に肩に優しく手を添えて一人一人に声をかけたくなるメイキング。これに限らず、アイドルが日々身を削っている分はファンが全身で受け止めねば!という思いで背筋がぴんとなった。重岡くんのイヤそうな顔は本気度が高くて好きです。

今回はスターニンジャー大活躍!

早速変身!

待機音がマックポテトの音に似てる

起きたw

f:id:meteo:20150503200944j:plain

あばれる君かな?

写真撮影w

f:id:meteo:20150503200940j:plain

技中に写真撮るなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

どっちの味方なんだじいちゃんw

次回はシノビマル、スネる!

f:id:meteo:20150503200931j:plain

f:id:meteo:20150503200937j:plain

END

フィリピン滞在12日間を終えた。

今はシェムリアップ行きの飛行機の搭乗時間を待ちながら、マニラの空港のラウンジでブログを書いている。

来月の7月にシティプレミアムゲストハウスをオープンさせて3周年を迎える。

いろいろあったけど、簡単に振り返ると素晴らしい経験を得た。

ゲストハウスの契約は10年あるので、あと7年頑張るつもり。

そのあとは契約を更新するのか、人に渡すのかまだ未定。

決して大きな利益をもたらすビジネスではない。

はっきり言って生活はできるけど、これだけをメインにして将来が明るいなんてありえない。

だからこそ少し手を広げながら可能性を探っていく日々。

そういった実情を包み隠さずに発信してもいいんじゃないかなと思ってる。

FB、Twitter、そしてこのブログと発信ツールは数多くある。

どれもある程度の枠組みを決めて発信しているので、その形を崩したくない。

ということは、新しい発信ツールがいいのではないかと思い、この度メールマガジンを始めました。

www.mag2.com

無料ですのでぜひ購読してください。

 

ネットが発達しているおかげでマネタイズの方法もいくつかある。

Googleアドセンス、アフィリエイトの2つはこのブログにも取り入れている。

その他ではクラウドファンディングや最近ではVALUというのもある。

どれも良いと思ったらやったらいい。

個人的にはアドセンスやアフィリエイトはそれなりの労力があるけど、クラウドファンディングやVALUにはそれが感じられない。応援という形の投げ銭だと思っている。

だからといって否定しているわけじゃなくて、応援したい人がいて背中を押すのは自分にも還元されることとわかっている。

ぼくはイギリスで若いときにボランティアを1年間していた。

ボランティアをして人助けをしていたのに、毎日毎日素晴らしい充実感を味わっていた自分がいた。

人を助けていたはずなのに、自分自身の精神の充足が満たされていた。

なんていう逆説。

人生は逆説に満ちている。

 

お金を稼ぐのはとても大事。

いろんなビジネスがある。

そのうちの1つとして、ぼくはカンボジアでゲストハウスをオープンさせた。

そしてブティックホテル、コーヒー屋台と続き、秋にはフィリピンでフォトカンパニーのスタートアップも予定している。

どれもスモールビジネス。

1つコケても問題ないし、逆にいうと1つ1つの利益は小さい。

 

 

人は実際に経験したことでしかほんとうのことを語れない。

経験していない言葉なんて空を漂うだけで、誰のもとにも届かない。

どんな小さなことでも経験に勝るものはないと信じている。

成功か失敗かじゃなく。

やるかやらないか。

そのような経験を通して感じた気持ちをメールマガジンで発信していきたい。

ブログと重なることもあるけど、自分の中では明確に振り分けて発信する予定です。

海外起業@シティプレミアムゲストハウス ←登録はこちらからお願いいたします。

 

後々は力を注いだコンテンツに関しては有料Noteにしてマネタイズもしていきたいです。

無料の情報と有料の情報の価値の違い。

誰にでも届く無料の情報と、自分から獲得していく有料の情報の違い。

お金を頂くからには半端なコンテンツは作れない。

自分の尻を叩くように、これからも挑戦していきたいです。

 

ぼくの経営するゲストハウスとブティックホテルは下記です。

The City Premium Guest House 【シティプレミアムゲストハウス】 カンボジアシェムリアップのオアシス

サマティカ ヴィラ ブティック (カンボジア シェムリアップ) - Booking.com

どちらもよろしくお願いします。

お客さんもインターンも募集中です!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

www.imanishinoriyuki.jp

「闘うジャーナリスト」昨日から尼崎に集結です。

ほんまにお疲れ様です。

ネクザ一同固唾を飲んで見守っております。

織田さん、勝負に出たのかな…ここで博打に勝てば七代目になるのも不可能ではない気がする。

少なくともご本人は“男なら”代を取るのを狙っているんじゃないかとずっと前から感じていたが…。オーラがギラギラしているのは彼だけじゃん。

今は何が起こるか分からない乱世。

「織田さんが井上さんに親不孝をした」という書き込みを見て、え~~~っ?!と思ってしまった。そうは思わん。織田さんはまだ若いし、井上さんみたいな功労者にこれ以上大変な苦労をかけたくない、リスクオフしてほしかったんじゃないかな~~~。

それにしても何をやってもドラマチックな人やね。当初の分裂劇そのものが今となっては織田さんのクーデターのようにも見える。

もう来年の大河の主役は彼しかいない。。

 

 

*写真は売込隊ビーム「コクジンのブラウス」公演DVDより

売込隊ビーム「コクジンのブラウス」編集中。
前回の「マーチ!」は手持ちカメラの映像をメインにして編集も粗く、何なら繋がって無くても強引に繋ぐ・・・くらいの勢いだったのですが、
今回は映像的には何も変ったことはしてません。
極々オーソドックスな仕上がりを目指して作業中。
落ち着いた雰囲気の映像になれば成功でしょうか。
一人で3台オペしながらの撮影だったので結構苦しい部分もあったりしますが頑張りまする〜♪

一人複数台オペといえばこんなものを見つけました。
これがあったら撮影者の体力的には随分楽になりそうなんですけどとても手が出ません(><)
まあ、きっと機械的な動きで味気無い画になるに違いない、って言うかなって、イヤなれ!・・・とすっぱい葡萄をやっておきますw

銃夢外伝

2018/01/30

電っていっぱい用意しておったのね。
いい話だった。
終わり方がプロフェッショナルの最後みたいだった。
自分の場所を見つけなきゃな。

ウルトラジャンプ 2007年 01月号 [雑誌]

ウルトラジャンプ 2007年 01月号 [雑誌]

  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2006/12/19
  • メディア: 雑誌
  • この商品を含むブログ (4件) を見る