こんにちは。「ざっきぶろぐ」です。

 

ミルクジャグ(ミルクピッチャー)ってあると便利ですよね。ラテアートを描くのにミルクジャグは必須です。でもどうせ使うならデロンギなどの有名メーカーのほうが使い勝手は良いです。

時々100均にも売っていますがやっぱり使いづらい!というわけでこの記事ではミルクジャグのおすすめランキングと題し、Amazonや楽天で販売されているおすすめできるミルクジャグを順番にまとめてみたいと思います。

 

悩んでいる方はぜひチェックしてみて下さい。

 

1 デロンギ 350ml

 

値段は3000円以内で買えます。特徴は注ぎやすさ。350ml入るのでカプチーノ1杯分ミルクを泡立てるのに丁度良い量ですね。先端が尖っていますのでラテアートも作れます。ステンレス製で内部のミルク温度も手のひらで分かるんですね。

 

そしてやっぱりあのロゴですよ。「DeLonghi」と書いています。カッコいい!実はレーザープリントで加工がしてあるんです。なので熱とかで剝がれることはありません。デロンギのコーヒー器具があるなら一緒に揃えておきたいミルクジャグです。

 

 

2 デロンギ 400ml

 

2つ目に紹介するのは同じくデロンギの400mlバージョンです。先程のタイプとは違ってより研磨されたデザインでミラータイプト呼ばれているそう。鏡のように鏡面状に加工がされてあるので、より高級感が増します。

 

また取っ手部分は持ちやすいカーブを描いた設計になっているのでとても使いやすいんだとか。値段は5000円。少し高くなりますが容量が400ml入るのと鏡面加工を考えると、平均的な値段だと思いますよ。

 

 

3 ノーブランド 600ml

 

 

3つ目はまさかのノーブランドです。ただまあ評価が高い。Amazonで確認すると分かりますが異常に高評価が多いです。でもどのレビューもちゃんと高評価されているんですよね。多分値段の割合にコストパフォーマンスがずば抜けているからだと思います。

 

そのお値段、なんと700円です。安過ぎますよね。メーカーを気にせず、とりあえずラテアートをやってみたい、という方向きかも。ただやっぱりデロンギなどに比べるとデザイン面で劣ってしまうので、慣れてきたら買い替えるのが良いと思います。

 

600mlという大容量な部分も注意が必要です。買ってみると「予想以上に大きい」ので。

 

 

4 Fly Skyline 400ml・600ml

 

 

個人的に今注目しているのがこれ。Fly Skylineというメーカーが販売元らしいのですが、これも評価が高いんです。しかもデザインがお洒落で値段が1300円と結構い安めなんですよね。多分このミルクジャグもコスパが良いという理由での高評価が多かったです。

 

特徴は内側に容量のメモリが記載されていること。これがあるだけで一気に使い勝手が良くなります。ラテアートの細かい部分を作るのに役に立つピックピンも付属で付いてきますし、容量も400mlと600mlを選ぶことができます。結構使いやすいかも。値段が安いのでとりあえずラテアートしたいならこれおすすめですよ。

 

 

5 イルサ 300ml・500ml

イタリアの有名メーカー「イルサ」社の60周年モデルです。ハンドル部分や注ぎ口がイタリアっぽいデザインに仕上がっています。ラテアートを描くために設計されているので、初心者でもきれいな模様を描きやすいと言えます。

 

ただこのモデルはミルクジャグの中でも高級ランクの部類です。値段は300mlが5500円、500mlが6500円です。通常のミルクジャグよりもステンレスが分厚い設計になっているのが特徴です。本格的にラテアートを楽しみたい方は購入する価値があります。

 

 

6 メプラ 550ml

 

 

イタリアでバリスタが愛用するほどの人気を誇るイタリア製メプラ社のミルクジャグ。通常のミルクジャグとは違い、底面が安定するような設計になっています。正直ここまで凝ったデザインのジャグってあんまりない気がしますね。

 

容量は550ml。値段は15000円です。カプチーノ2杯分を簡単に作れます。

 

 

7  BARISTA&CO

イギリスのメーカーが販売するミルクジャグ。どちらかというとインテリア系に重視されたモデルです。ラテアート専門というよりも、色々な料理に仕えてキッチンのアクセントになる。そんな雰囲気を重視したコーヒー器具ですね。

 

値段は1800円。楽天で購入できます。カラーも Midnight Gold、Midnight Copper、Midnight Black、Electric Steel の4種類あります。ただ本気でラテアートを頑張りたい!と意気込んでいるなら、このジャグはちょっと違うのかな、と感じますね。

 

 

8 Rattleware 600ml

 

 

見た目はシンプルなラトルウェアのミルクピッチャーです。一見普通のミルクジャグに見えますよね?でも実はこのメーカー、ラテアートのワールドチャンピオンも認めるほどの有名なミルクジャグを製造する会社なんですよね。

 

あまりにも売れ過ぎるので、似ている模造品が結構多いみたいです。見分ける方法は底面のマーク。ラトルウェア正規品は、底面にrwのマークの刻印があります。パッケージにもrwという文字がステッカーとして貼られてているとの事。

 

値段は4500円。間違って偽物を買わないようにしてください。ちにみに業務用エスプレッソマシンとの相性が抜群だそうです。

 

 

9 SODIAL(R) 350ml

このジャグは珍しいブラックでコーティングされたステンレス製モデルです。ここまでコーティングされているのはあんまり見ないですよね。値段は1000円で350ml入れれます。

 

ただあんあんまり口コミはありませんでした。

1000円なので試してみる価値はありかも。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

ミルクジャグって探せば探すほど色々な種類があってキリがないと思うんです。どれがいいか結局分からない!と感じる方もいると思います。

個人的には「悩んだらデロンギがおすすめ」ですね。有名メーカーで値段もそれなり、しかもラテアートしやすい、という特徴が揃っているので。

 

楽天市場で調べてみるとミルクジャグが大量に出てくるんですが、全部がラテアートに適しているわけではありません。蜂蜜を入れる用、というジャグまでありましたからね。(笑)

 

もしコーヒー関連でミルクジャグを探しているなら、見た目よりもやっぱり使いやすさ重視のほうが、あとあと満足できますよ。ぜひチェックしてみて下さい。それではおしまい。

 

f:id:murasakai:20160613075944j:plain

「部屋を片付けるヒマがない」
「散らかっている部屋をなんとかしたい」

忙しい毎日を過ごしていると、どうしても部屋が散らかってしまいます。
俗にいわれる「汚部屋」ですが、放置するとさらに汚くなるという面倒くさい点があります。

部屋が散らかって汚部屋となってしまう原因としては片付ける時間のなさがあげられます。
世間一般で言われる時間の使い方をしていては、時間がなくなるのも当たり前。
そこで早起きをすることで、片付ける時間を容易に作ることができます。

朝の時間には

  • 集中して活動できる
  • 確実に時間が取れる

という特徴があります。
片付ける時間を作るという点では非常に適しており、朝のうちに掃除するというのは理にかなっているのです。

 

目次

  • 「帰ってから」が汚部屋を生む
  • 朝の片付けで汚部屋防止
  • タイムマネジメントが早寝早起きを実現する
  • 汚部屋を解消すれば生活が変わる
  • まとめ
  • あわせて読みたい

 

「帰ってから」が汚部屋を生む

そもそも、なぜ「汚部屋」が実現してしまうのでしょうか?
その理由としては

  • 帰ってから片付けよう
  • どこかで時間が空くだろう

という考えがあるためです。

片付けを1日の後ろのほうに持ってくるのは、実はあまりよろしくありません。
一見して普通に片付けられるように思えるのですが、実際には

  • 疲れて寝てしまう
  • 疲れからめんどうくささを感じる
  • 人付き合いで時間がなくなる

というのがあり、確実性に欠けます。

1日の最後にタスクを持ってこないというのは生活の基本で、片付けに関してもあてはまります。
帰宅後というのは疲れがたまっている時間帯であり、そもそもの時間の質としてあまりよろしくありません。
暗記物をやる以外はそこまで期待できるものではなく、やるべきことは朝のうちにやっておくという前倒しの姿勢が重要です。

 

朝の片付けで汚部屋防止

帰宅後に片付けをしようとしても、疲れや人付き合いから片付けが実行できないのがオチ。
だとすれば別の時間帯に片付けをしてしまえばよく、朝という、疲れていない&確実に時間がとれるところを狙えばいいのです。

朝活で読書や運動するのが生活を改善するように、朝の片付けも生活改善につながります。
片付けを朝のうちにやるというのは、疲れや時間のなさへの対抗策として有効です。

片付けについては毎日大がかりなことをする必要もなく、汚部屋防止が目的であれば毎日片付けなくても問題ありません。
ゴミを決まった曜日に出す、1周間に1回ぐらい整理整頓をする、掃除機や拭き掃除をする。これをきちんと実行するだけなのですが、帰宅後の疲れが実行に対するハードルを上げてしまうのです。

朝の時間にやるというのは早起きするということですが、早起きについては簡単にできてしまいます。
疲れたら寝てしまうというのを徹底すれば、思いのほか簡単に早起きできてしまうでしょう。

1日の最後にタスクを持ってこないというのがカギで、疲れがたまっている時間帯についてはすぐ寝れるようにしておくのがポイントです。

疲れたら素直に寝てしまう、朝の時間を有効活用する。
生活改善の基本はこれで、片付けを効率よく行うという点でも早起きして片付けるのは効果的です。
部屋を片付けるのも集中して短時間のうちにやる方がよく、パパっと終わらせてしまえばゆっくりと1日の準備ができたり、ほかのことに時間を使ったりできます。

 

タイムマネジメントが早寝早起きを実現する

夜の時間にやるべきことをもってこないためには時間の使い方や仕事への取り組み方を変えましょう。

  • やるべきことを最初に決めてしまう
  • 関係ないことには時間を割かない
  • 集中して取り組むクセをつける

これを実行するだけでも改善されるところは多く、後ろに仕事を持ってこなくてよくなります。

また、時間泥棒となるものやヒトにも注意するといいでしょう。
タスクに関係する相手と優先的にコミュニケーションをとる、雑談を極力減らす、裁量制労働の場合には目標を数値で明確化するというのがあげられます。

雑談ばかりしてくる、やるべきことをこなさないひとばかり相手にしていては時間が消えていってしまいます。
裁量制労働についてはあらかじめ達成するラインを決めておき、そこを基準にすべてを考えるとそれほど時間を使わずに済みます。

1日のなかで時間をどのように使うかはひとそれぞれですが、時間が有限であることを意識しないとどんどん時間が消えていってしまいます。

結果やアウトプットに関係しない相手とのコミュニケーションは時間のムダですし、裁量制に対してはメリハリを付けるべきです。
また集中してこなすという姿勢も重要で、同じアウトプットであれば少ない時間でこなしてしまった方がいいです。

タイムマネジメントを本格的にしはじめると、周囲から何か言われるかもしれません。冷たくなった、関わりづらいオーラが出ている、など。
実はそういうのはあんまり問題なくて、すぐに言われなくなります。あなたが時間的に得をしようとすれば多少なりとも文句を言われるでしょうが、重要なポイントをおさえてさえいればいいのです。

やることを終わらせてパパっと帰る。
これこそが早めの帰宅を実現し、早く寝ることにつながるのです。
タイムマネジメントというのは早い帰宅を実現するために有効で、集中してことにあたったり結果にかかわるコミュニケーションを優先することはそのまま早寝早起きにつながります。

 

汚部屋を解消すれば生活が変わる

朝早く起きて整理整頓する。
汚部屋解消による効果は想像以上に大きく、自分の部屋を最適化するだけでも生活における空気が変わります。

部屋が散らかっていると生活も乱れていきます。
具体的にはメリハリのない生活になってしまい、ダラダラと時間を使ってしまうようになります。
メリハリのない生活は時間のなさや効率の悪さにつながり、生活の質を下げる大きな原因です。

やることひとつひとつに使う時間を決めるというのは、いい生活を実現するには欠かせません。
いつまでに終わらせるのかを決められないとズルズルと時間が伸びてしまい、寝る時間まで遅くなってしまいます。

部屋が汚いことと寝るのが遅くなることには一見して関係がないかのように見えます。
しかし部屋が汚いのを放置すると生活そのものがだらしないものになっていき、時間の使い方までメリハリがなくなっていくのです。
汚部屋を片付けるというのは生活にメリハリをつけるための第一歩で、わたし自身も片付けをしたら生活が好転したというのを数多く体験しております。

メリハリをつけるのは、リモートワークにおいてはさらに重要です。
自宅で作業可というのは、それだけ自分でメリハリつけることが求められるのです。

自宅での作業は一見して時間の節約のように思えますが、実際にはけじめのつけにくさから時間のむだ遣いが起こりやすいです。

ダラダラと作業してしまった結果、効率が下がり、時間の割にたいしてアウトプットできていない。誘惑の多さも効率を低下させます。

リモートワークにおいてはこういうのが珍しくなく、メリハリをつけることがそのまま生産性の向上につながります。
整理整頓は簡単なことですが、「いつかやろう」と考えているとどんどん先延ばししてしまいます。

週1でもいいのでやるタイミングを決めてしまい、朝の集中力を使ってこなしてしまうのがベターです。

 

まとめ

朝の時間を使って掃除するのは、集中力や時間のとりやすさから合理性があります。
疲れや時間のなさというのは考慮されづらいのですが、無視できないぐらいの影響力をもっているのも事実です。

朝のうちに何かを前倒ししてやるというのは重要な考え方です。
時間がある&体力があるうちにやってしまうというのは、確実性や効率の良さといったものにつながります。
同じ1時間でも時間の質は無視できず、帰宅後の1時間は朝の3時間といっても過言ではありません。

 

あわせて読みたい

www.murasakai.net

www.murasakai.net

www.murasakai.net

f:id:hibi-mae:20170419105151j:plain

 

過去記事にも書いたけど、生豆からオリジナルブレンドを作ってもらっている。

時間があればその都度コーヒーを淹れるくらいよく淹れているけれど、その度に、豆の膨らみ具合に胸が躍る。

この感覚はなんだろうか。俺だけなのかわりと多いのかは分からないけど、コーヒーを淹れるという絵ヅラがなんか洒落てみえる。

 

 

 

 

 

 

 

我が家にはケメックスもあるが、もう何年も前から花ばかり刺さっている。

 

f:id:hibi-mae:20170419113216j:plain

※写真はもう結構前に撮ったもの。

 

 

KONO→CHEMEXときて、今はKINTOのドリッパーを使っている。

最初の写真のもの。今でこそAmazonで買えるけど、最初はどこにも売ってなくてたまたま吉祥寺の雑貨屋を物色してる時に見つけ一目惚れ。

 

シンプルで無駄のない見た目と、ステンレスフィルター。

ペーパーフィルターと違い、コーヒーに紙の味が移ることもなく、フィルターを都度購入しなくていいので経済的。更に目の大きさにより、味がストレートに落ちる。

要するにその豆の味が素直に出る。

 

まぁ、そういうのも含め、コーヒーの淹れ方って本当好みなので、気になった方は色々試してみてほしい。

 

昨日に続き、フィルムCN200の件です。

せっかく10枚撮れるのに2枚しかアップしないというのはもったいなすぎるのでね。

 

今回は別にフィルムに対するあれこれを思考するつもりはなくて、どこで何を撮ったっていうお話。

 

f:id:hibi-mae:20170509174257j:plain

まず1枚目。

とても大切なフィルムと意気込んでおきながら、一番最初に撮ったのは家の近所。

昨日書いた思いっきり色がかぶっていた写真。なんとか見れる程度に復元した。

 

中判を過信しすぎて何を撮りたかったのかがハッキリしない。

でも伝えたいことはあるので、それはまた後日。

 

f:id:hibi-mae:20170509175105j:plain

ちなみに現像書き出しで上がってきた画像はこれ。

 

 

2枚目は昨日アップしたフェンスの写真。

ちなみにあれも地元。。 

 

 

f:id:hibi-mae:20170509175400j:plain

3枚目のこの写真がようやく電車に乗って降り立った原宿方面の純喫茶の入口。

現像時の赤みが暗部に残り、どことなく好みの雰囲気だ。

これがCN200のテイストなのかは定かではない。

 

 

f:id:hibi-mae:20170509175637j:plain

4枚目はこちら。原宿から北参道方面に向かってランチをした時撮ったもの。

無造作に置かれた箱の中の本の、ねっこという文字に惹かれて撮ったもの。

 

 

5枚目は共に歩いた友人を撮ったので割愛。

 

 

f:id:hibi-mae:20170509180542j:plain

で、6枚目は千駄ヶ谷のいい感じのアパート。壁の壁面はいい感じに緑が生い茂り、ステキだった。 光を入れて大きな光輪を作るつもりで撮ったけど、うまく現れず中途半端になった。。

 

 

7枚目の写真も昨日アップしたマンションのベランダの写真。

 

 

f:id:hibi-mae:20170509181803j:plain

8枚目はマンションの裏通路的な所。撮影意図通りの仕上がりではあるものの、発想に乏しい。

 

 

 

f:id:hibi-mae:20170509182246j:plain

9枚目。草の奥の古民家的なものを撮ったんだけど、ちょっと周りがうるさすぎた。。

 

 

 

f:id:hibi-mae:20170509182517j:plain

10枚目。最後の一枚にも関わらず、最も意味不明な一枚。

1枚目の写真同様、被写界深度を見誤った。 右の木のカタチが凄く心地よくそこを横切る佐川の人をとっさに撮った、まさにスナップ写真だったんだけど、2秒もたついた印象。佐川の人が電柱と重なりかけて意図したものとは違いがっかり。

 

 

f:id:hibi-mae:20170509183354j:plain

おまけ。

次に撮ったFUJI 400Hのもの。 雰囲気のあるボロ屋。400Hはさすがに特長が出やすいね。

 

ここから400Hにて更に2本撮り歩いた。写ルンですと併用で。

その写真はまたおいおい。(←最近こんなのばっかりだ。)

西武園遊園地 大海原のマッピング劇場!!

f:id:pinkstrawberryflavor:20170426113615j:image

波のプールでイルミネーション、プロジェクションマッピングやミストも出てくる超豪華なショーでした〜☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

f:id:pinkstrawberryflavor:20170426113627j:image

海みたい!!
曲も素敵でした〜☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

f:id:pinkstrawberryflavor:20170426113635j:image

うさちゃん:「観覧車乗りますよ!」

f:id:pinkstrawberryflavor:20170426113719j:image

観覧車から見た遊園地!

うさちゃん:「高い高い((((;゚Д゚)))))))」

f:id:pinkstrawberryflavor:20170426113804j:image

大海原のマッピング劇場も見えました!
上から見ても綺麗〜☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

f:id:pinkstrawberryflavor:20170426113813j:image

メチャクチャ綺麗〜☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

f:id:pinkstrawberryflavor:20170427095031j:image

観覧車からも満開の桜見えました〜♪───O(≧∇≦)O────♪

f:id:pinkstrawberryflavor:20170427095044j:image

ポチっと1日1票応援お願いしま〜す!

↓ ↓ ↓


人形・ぬいぐるみランキングへ

いつもポチ!ありがとうございます♪

麺。

2018/07/03

f:id:issikisekkotuin:20160408104415j:plain

高柳にある丸源ラーメンに行きました。

美味しかったです。

 

お体のことで不安・不調などがあれば、お気軽にいっしき接骨院にご相談ください。

 

 

〒701-1153

岡山市北区富原3910

北村ビル1階

イズミヤ津高店西隣

☎086-251-0350

 

いっしき接骨院

ドイツのパルはグループを作ってダンスをしている。
発表する場も年に数回あるらしく、2月のパフォーマンスは
マイケル・ジャクソンの音楽に合わせてゾンビの衣装で踊る、
という話を年末からずーっと聞いてきた、手紙の中で。
私はgleeのスリラーみたいなのを想像していた。

www.youtube.com

今回の手紙でゾンビの写真が同封されていた。
残念なことに彼女は本番数日前にインフルエンザで倒れ、
会場に行くことすらできなかった、と。
ざ・・・残念すぎる。

でも、友達がゾンビ写真を送ってくれたのよ~と
その写真を私への手紙にも同封してくれていた。
ゾンビ写真、びっくりする怖さだった!!

gleeを想像していたから、20代、30代の女性たちがダンスする、
と勝手に思っていた。
彼女自身は40代なので当然なのかもしれないけれど、
彼女のダンスグループ、平均年齢50代?
いや、60過ぎている人もいる?という人たちで、
そのゾンビメイクのうまいこと、うまいこと。
えっ?素人集団じゃないの?メイクはプロに頼んだ?と
びっくりするほどのメイク。

メイクが立派だから、こんなに鬼気迫るゾンビなのかしら、と
最初は思ったのだけれど、多分、年齢。
いや、もしかして、数人、本当に墓場から戻ってきてない?という
年齢の方がいらっしゃって、その上、メイクが上手。
何人か本物がいない?人数合ってる?と、
つい返事に書きそうになったほど。

気づいたら人数が増えていたという心霊写真、
たまに見聞きする。
先日、家族旅行で泊まった旅館、宣伝写真がとても上手で
到着すると、えっ?!こんなに古いの?と驚くほど。
こどもたちは「何かでそう・・・」と怯えていた。
そして夜21時ころから、「花子ちゃ~ん」「花子ちゃ~ん」と
小さな女の子の声が聞こえてきて、
「ぎゃ~!!!」とこどもは大騒ぎし、私も固まった。
この声、我が家だけにしか聞こえない?
えっ?女の子の声でうちの花子を呼んでる?
怖すぎる!座敷童子にしては声がはっきり過ぎませんか?!と
怖かった・・・。
もう怖すぎて夜のお風呂とか行けない…と花子と言い合った。
翌朝、仲居さんに「お子さんがほかに泊まってますか?」と
聞いたら、「隣の部屋にいますよ。」と。
座敷童子じゃなかったのか・・・とほっとしたような、
残念だったような。
小さい女の子の声であんなに恐怖を感じたこと、
いままでになかったわ~。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

ミリオン告知

2018/04/09

 

f:id:Inochan:20170428055822j:plain

ありゃりゃー 今週末だじぇぇぇ
9月27日ミリオンシティ
Still Live&Well Vol52
いのちゃんズ半年ぶりの金沢LIVE
19時スタート
チンアナゴも応援してくれています
チケットお取り置きはコチラにコメントしてくだされ
あなたに逢いたい