現在も体型維持のために、カップヌードルライトでのダイエット続行中です。ken-s.hateblo.jp

最近では、カップヌードルライトではなく、カップヌードルライト+のラタトゥイユ味かバーニャカウダ味を主に食べております。

日清 カップヌードルライトプラス ラタトゥイユ 50g×12個

日清 カップヌードルライトプラス ラタトゥイユ 50g×12個

  • 出版社/メーカー: 日清食品
  • メディア: 食品&飲料
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
日清 カップヌードルライトプラス バーニャカウダ 52g×12個

日清 カップヌードルライトプラス バーニャカウダ 52g×12個

  • 出版社/メーカー: 日清食品
  • メディア: 食品&飲料
  • この商品を含むブログを見る

さて、このダイエット方法を含め、様々なダイエット方法で重要なのはやはりカロリーのコントロール。
毎日摂取する食事のカロリーをコントロールしないと、いくら運動を頑張っても限界があると思います。

市販されている食品は、最近では大抵のものにその食品のカロリー数が表記されていて、カロリーコントロールの助けになっていると思います。

しかし、問題なのはカロリー数が分からない食品。
例えば、自炊した場合、果たして自分が作った料理のカロリー数が、実際にどれぐらいあるのか、分からなかったりします。

いろいろな情報を見れば、代表的な料理の一般的なカロリー数は調べることができるのですが、自炊した料理のカロリー数が果たしてその指標の通りになっているかどうかは、分かりません。



それは、ご飯1膳をとっても同じこと。
googleで「ご飯 カロリー」と検索すると、100g当たり167.1kcal との表示が出ます。
でも、実際に自宅で自分の茶碗にご飯をよそった際に、1杯でどれぐらいのカロリーがあるのか、把握している人は少ないのではないかと思いますが、どうなんでしょうか?

100g というのは、大体子供用のお茶碗1杯分ぐらいとの記載もありました。
しかし、子供用のお茶碗も、色々とあります。

実際、普段自分がお茶碗で食べているご飯って、何キロカロリーぐらいあるのかなぁと。

本日、テレビ番組で放送された商品で気になるものがありました。
「しゃもじスケール」という商品。

ドリテック(dretec) しゃもじスケール PS-033 [キッチンツール][計量器]

ドリテック(dretec) しゃもじスケール PS-033 [キッチンツール][計量器]

  • 出版社/メーカー: ドリテック(dretec)
  • メディア:
  • この商品を含むブログを見る
しゃもじでご飯をすくうと、そのご飯のカロリー数が表示されるという面白い商品です。

実際にこれを買うかと聞かれると、個人的には買わないと思いますが、1度試してみたいなぁと思ってしまいました。

こういったカロリー数が計測できる家庭向けの商品が色々と出て来ると、ダイエットもやりやすくなるのかなぁと。

一応、カロリーを計測してくれる商品も市販されているようです。

TANITA カロリースケール CK-005

TANITA カロリースケール CK-005

  • 出版社/メーカー: タニタ(TANITA)
  • メディア: ホーム&キッチン
  • クリック: 13回
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
ただ、これも結局は、実測値ではなく、指標値なので、我が家の料理のカロリー数を測るには至ってません。

できれば、電子レンジなどに、現在暖めている商品のおおよそのカロリー数を測るような機能が付くと、かなり便利だと思いますね。